iha's note
ATARA
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅葉
2014年 12月 11日 (木)
女ねずみ1412

先日誘われて奥多摩にぶらっと行ってきました。
紅葉の中での散策の予定だったのだけれど、
前半の川沿いの紅葉が過ぎるとあとは杉山の中で、
紅葉はすっかり身を潜め、杉の深緑の中での散策と
なってしまいました。

杉は常緑針葉樹で紅葉をすることもないですし、
葉は深緑で影が濃く、葉の寿命がきたなら
茶色に変色して色を失う。
幹を見ても真っ直ぐで表情がないし、
杉山は散策にするには魅力が乏しいよね。


写真

紅葉といえば、柿の葉がとても魅力的だ。
世間の紅葉シーズンより一足先に散ってしまって、
紅葉シーズンには丸裸の黒い枝に柿の橙が
クリスマスツリーの飾り付けのようにぶら下がっている
だけだけどね。

柿の葉の紅葉は枝から落ちた後も艶を保ち、
一枚の葉の中に様々な色の表情を持っています。
また独特の斑が、ジャノメチョウの斑のように
グロテスクでもあり、曜変天目や唐塗のように
魅力的でもあり、お気に入りです。

柿の葉

でも、喜んで家に持ち帰っても
すぐに退色してしまうんだよなぁー。


スポンサーサイト
Copyright © ATARA All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。