iha's note
ATARA
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漫画制作について
2015年 01月 29日 (木)
manga1501a

初めて描いた漫画のためのイラスト。
漫画描くのって難しいね。

とりあえず、なんとか描けることは分かったので、
これから積極的に挑戦していきたいと思う。


manga1501b

2作目。


スポンサーサイト
早太郎
2015年 01月 09日 (金)
光前寺

今年の初詣は光前寺(長野県駒ヶ根市)に行ってきましたよ。
先月、杉は幹も真っ直ぐで表情がないし紅葉もしないので魅力が乏しい
などど書きましたが、古木となると迫力ありますね。
巨木に案内される参道は魅力的です。

樹齢400年にもなる杉も境内にはあるそうですよ。


女ねずみ1501a

女ねずみ1501b

光前寺といえば霊犬早太郎伝説が有名です。
ざっくり説明すると、

700年ほど昔、遠州(静岡県)の村に白羽の矢が立った家は
神様に生贄を捧げなければならない風習があったそうです。
旅のお坊さんはそれを聞き、神様が人身御供を望まれるのはおかしいと
様子を覗いてみれば、その正体は化け物ヒヒでした。

お坊さんは化け物ヒヒの天敵である早太郎がいるという信州に向かい、
早太郎を探しましたがなかなか見つからない。
しかし、光前寺というお寺にとても強い早太郎という犬がいると聞き
寺の和尚さんに事情を説明して早太郎を村に連れ帰ります。
生贄を捧げる日、生贄の娘と早太郎が入れ替わり
化け物ヒヒと早太郎は戦います。

死闘の末に早太郎は化け物ヒヒを食い殺し、自身にも深手を負います。
村の人々は感謝の気持ちを伝えようと早太郎を探しますが姿はなく、
早太郎は化け物ヒヒを倒すと深手を負ったまま村に寄ることもなく
和尚さんの元に向かったそうです。
早太郎は光前寺に着くと和尚さんに報告するように一声吠えると
和尚さんの腕の中で静かに息を引き取りました。


若干脳内補正があるとは思いますが(あります)、だいたい合っているはず!
昔、"まんが日本昔話"で"猿神退治"や"しっぺい太郎"として
アニメ化されたので聞き覚えのある方もいらっしゃるかもしれませんね。


女ねずみ1501c

お気に入りのお話です。
いつか題材にしてイラストを描いてみたいです。


光前寺

こちらが光前寺本堂の隣にある早太郎のお墓です。
今年初詣に行った時には雪で半分埋まっていたので、以前撮った写真です。

どなたかがされた献花が素敵ですね。
また、献花の間にある小さな早太郎像が可愛らしいです。

そんな霊犬早太郎が祀られているという事もあり
通常、獣を入れてはならない境内へ犬を連れて
参拝される方もいらっしゃいます。
最初に境内でペット連れの参拝客を目にしたときはびっくりしましたが
ろう者や盲者が気兼ねなく犬を連れて参拝できることはいいことですよね。
現に盲聴犬、盲導犬を連れて参拝されている団体さんがいらっしゃいました。

早太郎像は他にも本堂にある木彫の早太郎像と、
三重塔前にある石彫の早太郎像があります。

木彫の早太郎は耳が大きく天に向かってピンッと伸びた、
まさに不動明王の化身と言われる早太郎ぴったりの
凛々しい姿に対し、石彫の早太郎は頭でっかちで
バランスが悪く、口は裂けて横に潰れたような頭は
狐と蛙を足したような、または爬虫類に耳をつけたような
不自然な印象を受けます。それが愛らしいと言えばそうなのですが
以前から個人的に造り直したくてしょうがありません。

そんな依頼があれば喜んで造形するのにっ!
2015 のーふぉーくほーん
2015年 01月 01日 (木)
年賀イラストa

去年いろいろ課題が残ったので今年は克服したい。
どうぞ今年もよろしく。

年賀イラストb

描いた後にサフォークの方が見栄えがいいと思ったが、気づくの遅し!


Copyright © ATARA All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。